RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
みにくいあひるの子供たち―いま死にたいと思っているあなたへ
みにくいあひるの子供たち―いま死にたいと思っているあなたへ (JUGEMレビュー »)
岡田 ユキ
ついに完成しました。
Amazonからご購入の方はこちらからどうぞ
RECOMMEND
RECOMMEND
Canon インクタンク BCI-7e 4色マルチパック
Canon インクタンク BCI-7e 4色マルチパック (JUGEMレビュー »)

事務局備品購入用リンク
カンパも宜しくお願いします
RECOMMEND
Live at Tavern 213
Live at Tavern 213 (JUGEMレビュー »)
Randy Bernsen
岡田ユキの10年来のお友達です
RECOMMEND
市民自治の可能性―NPOと行政我孫子市の試み
市民自治の可能性―NPOと行政我孫子市の試み (JUGEMレビュー »)
福嶋 浩彦
我孫子市長福嶋浩彦氏の新著です。
住民参加の自治が社会をより良くするための試みが紹介されています。
皆さんにお薦めします。
RECOMMEND
Canon インクタンク BCI-3eBK ブラック
Canon インクタンク BCI-3eBK ブラック (JUGEMレビュー »)

事務局備品購入用リンク
カンパも宜しくお願いします
RECOMMEND
拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる
拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる (JUGEMレビュー »)
関岡 英之
建築基準法の改正や半世紀ぶりの商法大改正、
公正取引委員会の規制強化、
弁護士業の自由化や様々な司法改革…。
これらはすべてアメリカ政府が彼らの国益のために
日本政府に要求して実現させたもので、
アメリカの公文書には実に率直にそう明記されている。
近年の日米関係のこの不可解なメカニズムのルーツを探り、
様々な分野で日本がアメリカに都合のいい社会に変えられて来た経緯を、
アメリカの公文書に則して明快平易に描く。(アマゾンより)
RECOMMEND
SANWA SUPPLY JP-S100CA4 インクジェットプリンタ用紙 (カラー A4/100
SANWA SUPPLY JP-S100CA4 インクジェットプリンタ用紙 (カラー A4/100 (JUGEMレビュー »)

事務局用備品購入用リンク
経費のカンパもお待ちしています
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Dalmatian: An Owner's Guide to a Happy Healthy Pet (Owner's Guide to a Happy Healthy Pet)
The Dalmatian: An Owner's Guide to a Happy Healthy Pet (Owner's Guide to a Happy Healthy Pet) (JUGEMレビュー »)
Patti Strand, Rod Strand, Macmillan General Reference Howell Book House
ダルメシアン:飼い主の幸せに健康的にペットを飼う方法
RECOMMEND
Dalmatians Today
Dalmatians Today (JUGEMレビュー »)
Patches Silverstone
今日のダルメシアン
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

(旧)サークル・ダルメシアンのブログ

<< 高校時代をふり返る 〜 Part 1 | main | 「みにくいあひるの子供たち」復刻版プロジェクト報告その1 >>
カサブランカ
0
    カサブランカ
    カサブランカ

    昔の映画ですが、マイケル・カーティス1943年作品。
    アカデミー賞「カサブランカ」の話をさせてください。

    昔の映画好きな人なら誰でも知っている、ハンフリ・ボガードとイングリット・バードマン主演で、
    時は第二次世界大戦、
    ナチスドイツによる戦時下のパリ。
    「オーロラ」の店に二人はいました。
    硝煙吹きすさぶ合間をぬって、逢瀬の時間を持った男と女。
    ボガード扮するリックが言った。「パリのワインをドイツ軍に呑ませるわけにはいかない」
    そして、名セリフ「君の瞳に乾杯」とバーグマン扮するイルザに言う。
    「古き良き時代の白黒フイルムの中で、粋な男女の息づかいが伝わって来る。」
    リックが言うセリフ、「10年前、君は何をしてたんだ?」
    「歯にブリッジをしていたわ」「あなたは?」とイルザ。
    リックは「職を捜していた」と言ってタバコに火をつける。
    二人して逃避行の約束をするが、雨降るパリ鉄道駅に、
    イルザは表れなかった。

    場所は変わってモロッコのカサブランカ。
    そこは戦火を逃れて多くの避難する欧州人やレジスタンスの闘士が潜伏していた。
    時は過ぎて、リックは酒場の店主になっていた。
    相棒の黒人サムと一緒に暮らす日々、そこに、運命は皮肉にも、イルザとの再会を見舞う。
    リックの店に来たイルザが、あの曲を弾いてと。
    サムは二人の思い出の曲「時の過ぎゆくまま、アズ・タイム・ゴーズ・バイ」を歌う。
    これは切なく心にしみて来ます。
    再会したリックとイルザ。
    イルザは、レジスタンスのリーダーで尊敬する人が我が夫だと打ち明ける・・・・・

    ラストは、二人をリスボンに逃がす為に、リックとそしてカサブランカ
    警察署長の味な人物とが、雨降るリスボン行きの飛行場に居た。
    男と男の友情のこのシーンは印象的だ。
    「時代の波紋に翻弄されながらも、真摯に生きた、男と男、
    男と女の物語。
    自分が主人公になったような胸に残るものがあった。
    あの時代には、まだ人間が生き生きとしていたと思います。

    ロビンソン


    投票をお願いします

    | メンバー投稿 | 16:54 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    カサブランカは私も観たことがありますが、戦時中のラブストーリーを描いた名作で、私も好きな作品ですのでコメントさせていただきました。
    | パピヨン | 2006/06/12 9:32 PM |

    私はブログを見て興味を持ち【カサブランカ】を初めて見ました

    すごく良かったです!
    映画の世界に引き込まれました
    ブログに載らなければ見る機会はなかったかもしれません
    素敵なきっかけを
    ありがとうございました♪♪
    | 千佳 | 2006/08/14 5:48 PM |










    http://blog.okadayuki.com/trackback/111