RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
みにくいあひるの子供たち―いま死にたいと思っているあなたへ
みにくいあひるの子供たち―いま死にたいと思っているあなたへ (JUGEMレビュー »)
岡田 ユキ
ついに完成しました。
Amazonからご購入の方はこちらからどうぞ
RECOMMEND
RECOMMEND
Canon インクタンク BCI-7e 4色マルチパック
Canon インクタンク BCI-7e 4色マルチパック (JUGEMレビュー »)

事務局備品購入用リンク
カンパも宜しくお願いします
RECOMMEND
Live at Tavern 213
Live at Tavern 213 (JUGEMレビュー »)
Randy Bernsen
岡田ユキの10年来のお友達です
RECOMMEND
市民自治の可能性―NPOと行政我孫子市の試み
市民自治の可能性―NPOと行政我孫子市の試み (JUGEMレビュー »)
福嶋 浩彦
我孫子市長福嶋浩彦氏の新著です。
住民参加の自治が社会をより良くするための試みが紹介されています。
皆さんにお薦めします。
RECOMMEND
Canon インクタンク BCI-3eBK ブラック
Canon インクタンク BCI-3eBK ブラック (JUGEMレビュー »)

事務局備品購入用リンク
カンパも宜しくお願いします
RECOMMEND
拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる
拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる (JUGEMレビュー »)
関岡 英之
建築基準法の改正や半世紀ぶりの商法大改正、
公正取引委員会の規制強化、
弁護士業の自由化や様々な司法改革…。
これらはすべてアメリカ政府が彼らの国益のために
日本政府に要求して実現させたもので、
アメリカの公文書には実に率直にそう明記されている。
近年の日米関係のこの不可解なメカニズムのルーツを探り、
様々な分野で日本がアメリカに都合のいい社会に変えられて来た経緯を、
アメリカの公文書に則して明快平易に描く。(アマゾンより)
RECOMMEND
SANWA SUPPLY JP-S100CA4 インクジェットプリンタ用紙 (カラー A4/100
SANWA SUPPLY JP-S100CA4 インクジェットプリンタ用紙 (カラー A4/100 (JUGEMレビュー »)

事務局用備品購入用リンク
経費のカンパもお待ちしています
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Dalmatian: An Owner's Guide to a Happy Healthy Pet (Owner's Guide to a Happy Healthy Pet)
The Dalmatian: An Owner's Guide to a Happy Healthy Pet (Owner's Guide to a Happy Healthy Pet) (JUGEMレビュー »)
Patti Strand, Rod Strand, Macmillan General Reference Howell Book House
ダルメシアン:飼い主の幸せに健康的にペットを飼う方法
RECOMMEND
Dalmatians Today
Dalmatians Today (JUGEMレビュー »)
Patches Silverstone
今日のダルメシアン
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

(旧)サークル・ダルメシアンのブログ

<< 今日から10日間断水です・・えっ! | main | 眼 >>
NHKに一言
0
    NHKスペシャル  奈良女児殺害犯に手紙で問う 対策なき日本の今 「性犯罪・再犯をどう防ぐか」という番組を見ました。
    この番組内での製作意図と性犯罪に関しての認識が、私の体験と大きくずれている事に、改めて衝撃を受けました。
    番組内で過去に性的被害・虐待を受けた被害者の方が現在も立ち直れずに苦しんでいる場面が流れ、問題解決もせずに言いたい事をいって無責任に番組は終わっています。
    性被害者としての苦しみを乗り越えた私は下記のように感じました。
    ○性犯罪を受けた人はその苦しみを第三者(司法・警察)によって解決する事は出来ない。
    ○被害者はこの映像の人間のようにもっと苦しんで、社会で生きることをやめるしかない。
    ○悔しければこんなふうに犯罪を起こしなさいよとけしかける。
    とこのようにしか私には見えないのです。
    なぜ私がこのように言い切れるのか?と申しますと、私は性的被害者であり、現在は立ち直り、解決策を知っているからです。
    また私に性的犯罪を犯した犯人も、何処で何をしているか私は知っています。
    そして私を犯した犯人は、今だ警察につかまる事もなく、あろう事か教師として京都市の中学校で今も教鞭をとっています。
    それは京都市教育委員会の担当者も知っていて、何の手立ても打とうとはしていません。
    またその教師は過去に性的虐待の性癖がある事は京都市教育委員会の一部の人間も数年前から認め知っているにも関わらず先生としての仕事を続けています。
    この教師の周りにいる生徒達はいつ性犯罪の被害者になるかも知れないのです。
    そしてこの先生の学校に何も知らずに大切な子供を通わせている保護者がこの事実を知れば、どういう気持ちになるでしょうか?
    少なくとも私なら、性犯罪に少しでもかかわりを持つ人間の側には可愛い子どもを預けるようなことはしません。
    ですが、現実には教育委員会や学校側がその事実を隠蔽して、生徒や保護者を騙しているのです。
    いくら学校に警備員を配置したり防犯対策をしても、問題の教師のあり方がおかしい社会では、何も役に立ちません。
    むしろ自分達の税金でそんな先生を雇用して、防犯業界の企業を儲けさせているだけなのです。
    なんと矛盾した世の中なのでしょうか?
    ですがこれが、大変恐ろしい現実です。
    悲しい事に今の日本の現実とは、このような犯罪者にとってはとても都合の良い社会に出来上がっているのだと、私は感じています。

    ではなぜその教師が今も現役の教師として仕事を続けていられるのかということですが、その理由は性犯罪に関してその犯罪を立件しようとしても、そこに時効の壁が立ちふさがるからです。
    またその教師は7歳年下の妹に高校生の時に性的犯罪をおかしました。
    犯された妹は当時小学生でした。
    その犯罪を本人は認めているものの、社会においては犯罪だと立件されていないからです。
    私は現代の性犯罪の解決こそ、このような問題を取り上げて、体験者や弁護士、法改正に携わる人達が時効となっている過去の犯罪や立件されていない性的虐待の問題を掘り下げて、考えて、新しい法律を作って行かないかぎり、性犯罪の問題は、解決出来ないと考えています。
    先日或るブログで、祖父の性的犯罪を孫が法廷で民事訴訟を起こし勝訴して慰謝料を勝ち取ったという記事をみました。
    ですが、虐待問題の根本には、解決はおろか、立証されない性的虐待の問題が潜んでいます。
    そして恐ろしい事に、性的虐待による多くの被害者達の一部が今度は大人になり「仕返し」
    の形で性的犯罪者となり罪を犯しています。
    この番組でも川越にある少年刑務所での性犯罪者のカウンセリングの場面が映し出されました。
    グループワークと称して「欲望をコントロール」する方法を教えようとしていたようですが、
    多くの性的虐待の過去を持つ人を、立ち直らせてきたカウンセラーの立場から言えることは、これは何の効果も得られないと思います。
    なぜならば、欲望をコントロールする以前の問題が多いからです。
    また犯罪者に直接関わる教官が、性的虐待や犯罪の体験がないからです。
    そしていつまでも明治時代に決めた無理な規則を当てはめているからです。
    私が言いたいのは、性犯罪者を立ち直らせるには、性的な被虐待の体験のあるカウンセラーが彼ら一人一人との面接を行い性犯罪に至った根本を探り当てることです。
    そこからスタートしていかない限り、真の解決はありません。
    私は現在ある少年の育成施設に関わっています。
    そこで第二の宅間守元死刑囚(池田小事件)になりうる可能性のあるA君という子がいます。
    私はA君と交わした何回かの会話の節々から、彼は母親からの性的虐待を受けたのではと感じています。
    私が見る限りA君は年齢相応なことをさせると幼稚な行いをするのですが、その半面、妙に男として(成人し女性経験豊富な男性のような)の色気があるのです。
    その印象を担当の教官に伝えますと、「そんな事はありえない」と体験者の私の言葉よりも
    自分の生きてきた世界のみで判断されてしまうのです。
    また悲しい事にとくに女性の教官からは、「子供がそんな男になれるわけがない」と先生の少ない異性体験から判断し指導方針が決められます。
    その結果、A君のような親から虐待を受けた子供は一般の人が体験できない、また想像もつかない世界で自分の人生を歩んでいくのです。
    私は苦しみを体験し乗り越えた人間として、苦しんでいる人と立ち直らせようとしている人との間で橋渡しができれば良いと考えています。
    サークルダルメシアンでは現在私のような体験者達が出会い、社会に役立ち、橋渡しのできる人間に成長しています。
    私がこの番組を観て伝えたかったことは、このようなドキュメント番組で、社会に潜んでいる性犯罪者予備軍を犯罪の実行に導くきっかけを作り出さないで欲しいということです。
    性犯罪を本当に無くしたいと思うのであれば、テレビ局の製作者が望むような派手な映像は逆効果と感じるのです。
    そして過去の虐待による苦しみを乗り越えて、きちんと生きている人間の生き方を番組で示すべきです。
    「あなたも大丈夫、このように立ち直ることが出来るのですよ」というような映像が必要なのです。
    私は以前より何度も報道関係の方にこの事をお願いしていますが、一向に受け入れていただけないことが残念です。
    そこには放火してまでスクープ報道をしたいという体質の社員と職場の雰囲気をその行為の事実が明るみになるまで良しとしてきた会社の体質があるのでしょうか。
    「他人の不幸は蜜の味」という言葉があります。
    他人の苦しみを娯楽として楽しむ事をやめませんか?
    私は体験者として、性犯罪を防止したいと真剣に考えているだけなのです。

    岡田ユキ
    プロフィール更新しました。



    投票はこちら

    | ユキ通信 | 15:15 | comments(6) | trackbacks(1) | - | - |
    TB&コメントありがとうございました。

    相変わらず隠蔽体質のままでいる人たちも多いんですね。
    僕はこれまで、ある意味で加害者側の発想や感情について考えてきました。そこに加害者を作らない社会を見出せないかと・・・
    自分自身に彼らと同じような何かを感じるせいかもしれません。

    そんなわけで、こちらの記事はとても興味深い内容でした。
    こちらからも、TBさせていただきます。

    皆さんのお立場でご意見などいただけたらうれしいです。
    お時間があれば、覗いてやってください。
    | paco_m | 2005/11/14 11:15 PM |

    paco_mさんコメントとTBありがとうございました。
    性犯罪や性的虐待の問題に真剣に耳を傾けてくださり、大変嬉しく思います。
    私はどうやら強い人間としてこのように戦っておりますが、性的虐待を受けた被害者の殆どが今だ苦しんでいるのが現実です。
    またメディアによって多くの誤解も生じています。
    この性犯罪は男女という「性」がある限りはなくならない問題だと思いますが、体験者の立場から少しでも声を上げ、多くの方々に真実を理解して頂く事が少しは抑止力につながるのではと考えています。
    今後とも宜しくお願いします。
    | 岡田ユキ | 2005/11/20 9:07 PM |

    これが実話やから怖い話です。これじゃ学校の先生を先生と呼べなく犯罪者呼ばわりっすよ。大問題です。観てる人に軽視されたら、わざわざテレビ番組の意味がない感じ。ましてや時効という誰が決めたかわからんルールのおかげで人を傷つけても、のほほんと生きてるバカがいるから日本をダメにしてる。こういうことを少しでも無くしていければ傷つく人は減る。そのためのメディアやのに、中途半端さが見えます。悲しい日本を作らないためにもひとりひとりの力で変えていきましょう!良い日本になりますように。
    | 藤原正博 | 2005/11/26 4:35 AM |

    「NHK受信料を考える」管理人のfriendlyと申します。
    TBありがとうございました。
    あなたのプログを拝見し、しばしぼう然として考えさせられました。
    確かに人は、未体験の分野に関して、どの様に深い考えを巡らせて見ても、それを実際に体験した方の足下にも及ばないのが現実です。

    だからこそ、本当は体験者の生の声を尊重し、そこから何らかの糸口を見つけ出す努力が求められるのですが、”言うは易く行うは難し”で中々、実現しないことに、実体験を持つ方々が大きな違和感と落胆をもっていることが、ブログから痛切に伝わってきました。

    さりとて、私が今何か出来る訳ではありません。

    あなたと私のブログの分野は異なりますが、私自身はNHK受信料制度の矛盾点やNHKに苦しめられる被害者との触れあいを通じて、NHK問題を発信し続けています。

    ブログは直接民主主義的な機能を持ち、庶民が、直接庶民に訴えかけることが出来ます。
    こうした、地道な活動によって、少しでも世の中が変わって行けばと願いつつ、ブログを運営しています。

    あなたの今後益々のご活躍をお祈りいたします。
    | friendly | 2005/11/28 4:48 PM |

    friendly様
    コメントありがとうございました。
    私は受信料支払いの問題が出るまでは、NHKは国営だと思い込んでいました。
    だからこそ国民の生の声や民放ではスポンサーの絡みで真実の報道が出来ない分、NHKなればこそ取り上げてくれるものだと勘違いがありました。
    ですが、国民一人一人がスポンサーであるのならば尚のこと、このままのNHKの報道のありかたではいけないと感じています。
    friendlyさんとは角度は違いますが、私たちもおかしい点や矛盾点は遠慮せずに声を大にして訴えて行きますので、今後とも宜しくお願いします。
    friendlyさんも頑張ってください。
    | 岡田ユキ | 2005/12/02 9:05 PM |

    こんにちは。「NHK受信料を考える」管理人のfriendlyです。
    ご丁寧なご挨拶ありがとうございます。

    あなたのブログには、驚きと感動がありました。
    私のブログも事実を丹念に調べることを基本にしています。
    単なる主義・主張に走らず、事実という共通の基盤の上に立って、議論の花を咲かせないと、すれ違いの議論や、勝手な推測からの発言などで、結局有効な議論にならないと思うからです。

    その意味で、あなたのブログには体験者ならではの魂の叫びが聞こえました。
    私もその様な心がけを持って、これからもブログを運営して行かねばと思っています。
    こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。
    岡田ユキ様も頑張って、ご活躍ください。

    なお、私のブログに、あなたのブログへのリンクを掲載させていただきました。
    | friendly | 2005/12/03 5:40 PM |










    http://blog.okadayuki.com/trackback/76
    犯罪を生み出すもの(性犯罪の再犯問題を問う番組を見て)
    NHKの番組で、性犯罪の再犯の問題についてレポートしていた。 奈良の少女殺害事件が入り口になって、実状を知らしめる構成だ。 僕が驚くのは、刑務所での無策ぶりだった。 明治以来、罰としての労務だけで刑期を終えて、受刑者を社会へ戻していたわけだから、再犯
    | ベクトライズ | 2005/11/14 11:19 PM |